カテゴリー「美容・コスメ」の2件の記事

2012年12月19日 (水)

世の年配女性と年配男性の髪

大概において、女性と言うものは、若くとも、歳をとっても、誰でもに注目されたいと思う人がいる。

歳をとっても、女性用のパチンとつけるカツラなどをつけ、髪を若いときのように張りのあるものにしたいといった願望を、満たしてくれるテレビのコマーシャルがある。

 他にも、ファンデーションなど、化粧道具のCMなど、そこらじゅうのBSテレビでやっている。

気持ちを若く持つことは、悪いことではないが、突き詰めると最終的には、整形手術となろう。

 大体、髪を染めるくらいなら、女性も男性も仕事の営業上やっている。

でも、6070過ぎて、髪を真っ白の白髪のままにして、ちゃんと整髪している女性がいる。そういう人は、大概、しっかりした結婚指輪をして服装も目立たないような、穏やかな身なりをしている。

 こうした人は、まず何か一花咲かせようと言う気持ちはなく、ご主人についていくか、今の現状に満足しているのである。

 別に異性を求めるわけではなく、逆に異性に言い寄られないためにも、そうした、若作りをしないのである。

 テレビで、ある普通の白髪の男性が、司会者になぜ髪を染めないのですか。と聞くとその男性は、髪を染めると、どこかへ行くと、もてるので、髪を染めないんですよ、と言う。当然奥さん、子供もいる人である。

 男性でも女性でも、もう一花咲かせようという願望は、分からないでもないが、独身者や、子供もいないのなら、まだしも、既婚者で、そうした願望を持つことは、ある意味で、相当な危険を伴うことを理解しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

アロマ・オイル~ラベンダー・オイル~

十年くらい前でしょうか、ラベンダー・オイルを買ってきたことがありました。 ラベンダーの香りが、心身をリラックスさせ、快適な睡眠を得られる。と聞いたからでした。 新聞のコラムで、ある女優さんが、アロマ・オイルによるアロマ・テラピーを趣味にしており、ラベンダー・オイルを枕に数滴垂らせば、よく寝られ、リラックス効果もある。と読んだこともきっかけでした。 アロマ・オイルというものは、香りはいいものですが、大変刺激性のあるもので、 目にでも、入ったらたいへんなことにもなるので、私自身は、ティシュ・ペーパーに数滴垂らし、枕の下に入れていたことがあります。確かにラベンダー・オイルは、リラックス効果もあり、安眠できた覚えがあります。 刺激の強さのため、お風呂に数滴垂らして、香りを楽しむことも良いですが、多めに入れることは控え、自分の肌が、そのアロマ・オイルがあうかどうか、ほんの少し、肌に直接つけてみて、大丈夫か、確かめた方がいいでしょう。 部屋にアロマ・オイルの香りを、広げるためにいろいろな方法はあります。 前述のティシュ・ペーパーにつけてというのは、私がやっていた方法ですが、 他にもいろいろあるのは、皆さんご存じのことだと思います。 電気のコンセントに差し込む形の電気で、アロマ・オイルを拡散する方法です。 電気コンセントに器具を入れ、その器具のお皿の部分にオイルを入れ、電気の熱で香りを拡散する方法。 アルコールランプもしくは、ろうそくを使って、オイルの入った皿を下から、熱して香りを拡散する方法。 この二つの器具は、一般的でアロマ・オイルの香りを拡散する器具には、最適ですが、電気や直接に火を使うので、十分に気をつけなければなりません。 私自身はこの方法ではなく、さきの二つの方法より、簡便な方法として、使っていない紅茶のティー・カップに沸騰したお湯を入れ、そこに数滴垂らすという方法もやっていました。 このアロマ・オイルというもの15ccでも30㏄でも、一本でも割と高額なので、10本も20本も買うのはアロマ・テラピーを完全に趣味とするのなら結構ですが、私のように、音楽を趣味としているとそちらに出て行ってしまうので、ラベンダー・オイルのみしか、試してはみませんでした。 私の使ったこのラベンダー・オイルというものラベンダーの香りはしますが、何か干し草のような、言ってみれば温かな香りがします。完全なアロマ・オイルというものは、もともと自然の植物から注出したものですから、そうした自然の香りもしました。 今は、香料の技術が進んでいるので、却ってもっと安価なラベンダーの香りのものもあり、大変良くできているものもあります。 が、効用については、どうかはわかりません。 アロマ・オイルは、いくら香りが良くても、プラスティック製品にはかけてはいけません。 アロマ・オイルを、CDケースにかけて、香りをつけようとしたら、プラスティックのケースは、一部分溶けてしまったことがあります。 香りはよいですが、香水ではないので、その点は気をつけた方がよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)