カテゴリー「スポーツ」の3件の記事

2012年3月 9日 (金)

日本の道 ~柔道の危険防止策~

日本の武道ですが、最近、柔道が、学校で必修科目になるとかならないとか話題になっています。

私の中学時代にも、柔道が、体育の時間にありました。
柔道着を着て、練習をした覚えがあります。

ところが、最近はこの柔道で、怪我をして、寝たきりになってしまうことがあります。
親御さんとしては、心配な方もいるでしょう。

私の頃は、柔道は、教室で着替えて、道場に入ると、素足にならなければならないので、入る前に靴下を脱いで、柔道をするのですが、大概、柔道をやる時は、冬にカリキュラムがあって、畳の上は、冷たくて飛び上がりそうですが、これも、精神鍛錬なのでしょう。

まずは、投げても、転んでも、怪我をしないように、転んだ時は両手を使って、受身を何10回もします。
そして、投げ技でも、決して、投げつけることはしてはならないと教えられます。
投げた時は、相手の柔道着をつかんで、相手が受身の態勢に入り、受身をするまで、離してはいけません。

当然、プロレスではないのですから、持ち上げて、投げつけるなどは、もってのほかです。
柔道は、体育の時間にやりましたが、一人も怪我をする人はいませんでした。

そうした、柔道の常識を知らない生徒が、無理をして、相手を怪我させてしまうのではないかと思います。
先生も、投げた相手が、怪我をしないように前述のように、指導すれば、危険な事故は、起きないはずなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

釣りの好きな人に悪い人はいない。

私のある伯父は、釣りが好きだった。私の小中学校時代は、釣りに明け暮れていた。
 伯父は、釣りの好きないい伯父である。
 釣竿で、釣り糸をたらして、じっくりと浮きを見ていると、心が休まるというひともいる。そうした、癒し効果もある。
 釣りをして、魚を多く釣ることができるという、釣りの収穫が、多い人は、一般に短気な人だといわれている。
 釣りをしていて釣れないと、すぐに餌を変えたり、撒き餌をしたり、仕掛けを変えるなど、割とぱっと今までのことをやめて、違うことをいろいろやってみるので釣果があるというものである。
どちらにしろ、今までの仲間で、釣りの好きな人に悪い人はいなかった。
ほとんど、ボウズの日が多かったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

日本ハムファイターズ44年ぶり優勝おめでとう!

まずは、応援していた方々、本当におめでとう。きっと今宵は、良い、うれしい酒が飲めて感慨ひとしおだろうと思います。
 最後の外野フライを見ましたが、新庄選手、最後まで感動して泣いていたのが印象的でした。
 1年間のペナント・レースの結果リーグ優勝し、日本シリーズに勝ち、日本一になるのは、一日だけです。この瞬間は、選手とファンのためにあります。
 私自身は、かつての横浜大洋ホエールズのファンでした。横浜ベイスターズとなり、1998年に38年ぶりの日本一になったことを思い出します。
 その時と同じで、長年応援したチームが、ペナント・レースで優勝することがどんなに大変なことか。そして、日本一が、どんなに素晴しい瞬間かは、痛いほど分るのです。
 やっぱり、チームのファンになって一年間追っていくことも大変なことで、4連勝で日本一というのは、きっと札幌のファンの方々は、誇りに思って当然でしょう。
 私自身も、この今日の日本ハムファイターズの日本一の瞬間で、ファンではなくとも、ぐっと来るものはありました。札幌に来て3年で日本一、羨ましい。
 横浜大洋銀行と言われ、この球団と勝てば、貯金が増えると言われた弱い球団でした。
 でもこの球団でもなお、横浜ベイスターズとして1998年に日本一になったのです。もうテレビ神奈川、現TVKを見ながら、涙が、そしてこみ上げてくるものがありました。
 その気持ちは、日本ハムファイターズであっても、野球ファンならなおも分ります。
 もうきっと札幌のファンの方々は、嬉しさひとしおでしょう。今夜は巧い酒を飲んで、大騒ぎしてください。でも、嬉しさの余り、川に飛び込むのは止めましょう。優勝した直後、横浜でも、嬉しさの余り、川に飛び込んで亡くなった方もありました。
 日本ハム日本一おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)