« モーツァルトはサヴァン症候群か否か!? | トップページ | 指揮者トスカニーニの音楽~感情移入を避けるその音楽づくり~ »

2017年8月23日 (水)

日本の名曲 人生、歌がある を見て BS朝日~藤山一郎氏の歌唱はSP盤を聴かなければわからない~

藤山一郎氏は戦前から活躍していて、そのSP盤を聴くとその凄さがわかります。

年を取ってからの歌唱もよいかもしれません。

でもSP盤で数々の日本の歌謡曲や日本語によるタンゴの名曲などの録音が多く残されています。

氏は、丘を越えて 酒は涙か溜息か 長崎の鐘 青い山脈 東京ラプソデイ 洒落男 などなど数多くのヒット曲があります。映画の主題歌であることも多いです。

洒落男という歌は、喜劇役者の榎本健一氏通称エノケンによる録音もありますが、このコミック・ソングとも言える歌も録音がありますが、非常に歌唱の技術力のある藤山一郎氏の録音も上手ででコミック・ソングであっても達者な歌い方でその巧みさには、舌を巻きます。

こうした、SP盤をYouTubeでは、公開しています。是非ともステレオ盤の晩年の録音ではなく氏の歌唱力の素晴らしさを知る上でも、どうかSP盤で、聴きたいものです。

|

« モーツァルトはサヴァン症候群か否か!? | トップページ | 指揮者トスカニーニの音楽~感情移入を避けるその音楽づくり~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587115/65701190

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の名曲 人生、歌がある を見て BS朝日~藤山一郎氏の歌唱はSP盤を聴かなければわからない~:

« モーツァルトはサヴァン症候群か否か!? | トップページ | 指揮者トスカニーニの音楽~感情移入を避けるその音楽づくり~ »