« テノール歌手ヴィットリオ・グリゴーロ氏への小さなメモ | トップページ | ちょっとカゲキなクラシック評論~2005年8月18日から10年を迎えて~ »

2015年8月11日 (火)

フルート・ア・ベックとは

もう、ググれがわかったと思います。
フルート・ア・ベックとは、フランス語で、縦笛の英語名リコーダー、ドイツ語名、ブロック・フレーテ(ブロックごとに取り外しがきくから)、ア・ベックとは、鳥のくちばしのような格好をしているから、日本語名縦笛のことです。
もともと、フルートと言えば、バロック期には、普通リコーダー、縦笛のことを意味します。
現代フルートは、金属で出来ていますが、もともとは、木や象牙でできていたので、もともと、木管楽器との扱いを受けています。
それで、誤解を避けるため、横笛のフルートは、古楽器では、イタリア語名、フラウト・トラヴェルソ、横吹きのフルートと表記します。

|

« テノール歌手ヴィットリオ・グリゴーロ氏への小さなメモ | トップページ | ちょっとカゲキなクラシック評論~2005年8月18日から10年を迎えて~ »

古楽・バロック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587115/62059772

この記事へのトラックバック一覧です: フルート・ア・ベックとは:

« テノール歌手ヴィットリオ・グリゴーロ氏への小さなメモ | トップページ | ちょっとカゲキなクラシック評論~2005年8月18日から10年を迎えて~ »