« NHK BS プレミアム プレミアムシアター ウィーン・フォルクスオーパー日本公演 喜歌劇「メリー・ウィドー」レハール作曲 7月30日(月)【29日(日)深夜】午前0時30分~午前6時 | トップページ | NHK FMレ・ヴァン・フランセ演奏会を聴きながら 2012年8月13日~そして、2012年度吹奏楽コンクール課題曲~ »

2012年8月 9日 (木)

NHK FM 2012年8月9日放送~ベストオブクラシック~ヘンデル 「ソロモン」を聴きながら

同じ時代に活躍した、バロック音楽の最後の二大巨匠、バッハ(16851750)とヘンデル(16851759)は、偶然にも1685年生まれですが、ヘンデルの方が長生きしています。 

よく、バッハの作品は内向的で、ヘンデルの作品は外向的だと言われます。

 

たまたま今日のヘンデルの旧約聖書からの題材による、英語による宗教作品である、オラトリオ「ソロモン」を聴いていて、ノン・ヴィヴラート奏法の是非とか、語ろうかなとも思ったのですが、このヘンデルの作品を聴きながら、そんな議論をするのも、あまり意味がないと思いました。

 

とにかく、ヘンデルの作品は、明るく、外向的な美しいアリアが多く、聴いていて、夏の熱い日にはヘンデルの作品が、最適だと思いました。

 

なんてヘンデルの作品は、素敵なんだろうと思います。

 

ヘンデルの仕えたイギリス国王ジョージ一世のためのテムズ川の夏の舟遊びでは、国王を乗せた船のほかに、オーケストラの船もあり、ヘンデルの「水上の音楽」を演奏した国王のための船くだりがありました。

 

こうした、ヘンデルの関係する国王の舟遊びと言うものは、2回、あるいは3回あったと、故服部幸三先生は、水上の音楽の解説で、述べられています。

 

現在のエリザベス女王2世も最近テムズ川の船くだりの様子が、ニュースで流れていましたが、もう18世紀に行われていたように、夏の夕涼みに船くだりをしていたのは、その頃でも同じでした。

 

夏の暑いさなかは、たまに、ヘンデルの美しい音楽を聴くのも、夕涼みになります。

 

 

|

« NHK BS プレミアム プレミアムシアター ウィーン・フォルクスオーパー日本公演 喜歌劇「メリー・ウィドー」レハール作曲 7月30日(月)【29日(日)深夜】午前0時30分~午前6時 | トップページ | NHK FMレ・ヴァン・フランセ演奏会を聴きながら 2012年8月13日~そして、2012年度吹奏楽コンクール課題曲~ »

古楽・バロック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587115/55387628

この記事へのトラックバック一覧です: NHK FM 2012年8月9日放送~ベストオブクラシック~ヘンデル 「ソロモン」を聴きながら:

« NHK BS プレミアム プレミアムシアター ウィーン・フォルクスオーパー日本公演 喜歌劇「メリー・ウィドー」レハール作曲 7月30日(月)【29日(日)深夜】午前0時30分~午前6時 | トップページ | NHK FMレ・ヴァン・フランセ演奏会を聴きながら 2012年8月13日~そして、2012年度吹奏楽コンクール課題曲~ »