« ジャック・ダニエル | トップページ |  ミケランジェリのベートーヴェン ピアノ協奏曲集 »

2007年5月29日 (火)

関根敏子氏

   私自身、かつての皆川達夫氏と服部幸三氏によるNHK FMが、終了して何年かして、朝のバロックという、番組が始まった頃、NHKのアナウンサーによる、的確な、興味深い、バロック音楽における新しい情報を、そのテキストを書いている人は誰なんだろうと疑問に思っていました。それが、かつての両氏ではなく、フランス・バロック音楽を学んだ、関根敏子女史の書いた、原稿なのでした。実際に、NHKのアナウンサーが、独自に書ける内容ではなく、新しい事実に満ち溢れているので、その当時驚いたものでした。
 女史自身は、フランス・バロック音楽専攻で、フランス・バロック音楽である、マラン・マレの記念の年には、天皇皇后両陛下を交え、ヴィオラ・ダ・ガンバによる演奏について、解説しました。
 あの10年以上前の朝のバロックでの学術的なバロック音楽に対する原稿を書けたのも、女史だったからかもしれません。
 私自身は、バロック音楽好きで、フランス・バロック音楽好きでもありますが、女史のためかどうかはわからないのですが、もし、時間があり、フランス・バロック音楽の声楽曲を訳す時間があるのなら、是非、そうしたフランス・バロック音楽作品の日本語訳をしていただきたいと思っています。かつて、船山信子氏は、多くのフランス・バロック音楽のCDの訳詞をされていました。
 そうした地道な仕事が、多くのフランス・バロック音楽の訳詞によって、フランス・バロック音楽の声楽曲の日本人のための理解に、私も含めてですが、寄与したことは間違いありません。
 フランス語などできない方がおかしいと言われたら、何も言えません。
 でも、その当時のフランス語などできないのが、おおかたのバロック音楽ファンなのです。
 マイナーなファンでしょう。でもそうした訳詞が、喉から手が出るほど欲しいのが、フランス・バロック音楽のファンなのです。
関根敏子女史、よろしくお願いいたします。日本語盤CDやDVDのバロック音楽の訳詞にどうか、尽力してもらえないでしょうか。

|

« ジャック・ダニエル | トップページ |  ミケランジェリのベートーヴェン ピアノ協奏曲集 »

古楽・バロック音楽」カテゴリの記事

コメント

にのみやさん投稿ありがとうございます。
ボヘミアのバッハと呼ばれる、ゼレンカ。いいですね。ゼレンカのトリオ・ソナタはアルヒーフでもすでにもう録音されていて1985年1月の皆川達夫氏の回でも放送されています。この年の3月いっぱいで、服部幸三氏と皆川達夫氏によるバロック音楽のたのしみは終了しました。

投稿: さとちゃん | 2017年8月25日 (金) 20:54

昔からの朝のバロック、ゼレンカのボヘミアとかもっと東欧に近いほうの音楽が聴きたいですね。

投稿: にのみやかずお | 2017年8月24日 (木) 06:39

Very nice site! cheap goods http://opxaiey2.com/oyyatyy/4.html

投稿: Pharmd633 | 2016年4月20日 (水) 21:32

Thanks for another wonderful article. Where else could anybody get that kind of information in such an ideal way of writing? I have a presentation next week, and I'm on the look for such information. dfgbaeefdaeb

投稿: Johnk200 | 2016年4月13日 (水) 21:36

> どうか、女史の解説も音楽も同時に聞いてみてあげてください。

返信コメント、感謝します。
解説を聞いてみますね。
おっしゃる通り、良い解説だと思いますので。
教養がない私には、半分以上が意味不明かもしれませんが、聞いてみますね。
では、失礼します。

投稿: 青キューブ | 2015年9月19日 (土) 16:01

青キューブさん
コメントありがとうございます。
このブログのさとちゃんです。
なかなか、最近はこの番組をなかなか聞けないことが多いですが、バロック音楽、古楽というのは、朝の目覚めにふさわしい、爽やかさに満ちている音楽で、朝にはふさわしい音楽だと思います。

でも、ご指摘のようなことはあるかもしれませんが、きっと関根敏子女史は、新しい古楽の研究成果をも、自身が、自ら放送することにより、どうしても、伝えたいとの考えがあって、放送されているのかもしれません。

確かに、音楽だけ聴きたいのであれば、そうされるのもよいかもしれませんが、この女史のおかげで、新しい古楽の研究の成果が、聞けるのですから、音楽に関する理解が深まるのは確かです。

昔の「バロック音楽のたのしみ」のときも、解説の服部幸三氏の明るい品のある声が聴きたくて、この放送を聴いていた人もあるくらいで、解説者の個性というものが、色濃くにじみ出ます。

青キューブさんも、どうか、女史の解説も音楽も同時に聞いてみてあげてください。

投稿: さとちゃん | 2015年9月16日 (水) 23:33

NHK-FMを聴いていたら、クラシックの案内が「関根敏子氏」でした。
「古楽の楽しみ」という番組には相応しい人選なのでしょう。
でも、まるでお通夜のような雰囲気なので、楽しく話して欲しいです。
いろんな案内者がいて良いと思います。
が、私は関根女史の語りが始まるとラジオを消しています(ひどい!)。

と、独白でした(笑)。

投稿: 青キューブ | 2015年9月16日 (水) 07:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587115/54774257

この記事へのトラックバック一覧です: 関根敏子氏:

« ジャック・ダニエル | トップページ |  ミケランジェリのベートーヴェン ピアノ協奏曲集 »