2017年7月13日 (木)

モーツァルトはサヴァン症候群か否か!?

私は、この不毛な議論をしたくはないのです。

 

実際のところ、それも何百年も前に、亡くなった、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが、サヴァン症候群であったか、否かは確かめようはありません。

 

 

 

1985年頃録音された、その当時のローマのヴァチカンでの秘曲、アレッグリ作曲のミゼレーレ(われを憐れみたまえ)というボーイ・ソプラノのソロも入る、ア・カペラのルネサンス様式の作品があります。

 

 

 

この作品は、楽譜は門外不出であり、一般の人もモーツァルト自身も目にすることはできません。この作品を初めて聴いて、それを一音も逃さず、楽譜にしたという話があります。このことにより、年少で、ローマのアカデミー会員に推挙となったのは、バロック中期の作曲家アルカンジェロ・コレッリとモーツァルトだけです。

 

 

 

蒸し返すのは、良くないことですが、まえに諍いを起こした、サイトの方は、モーツァルトの作品の楽譜は、すらすら書かれているのは、間違いだと言われていました。

 

推敲に推敲に重ねて書いたので、モーツァルトは、そういう意味で、従来の説は間違っているというのです。

 

 

 

サヴァン症候群か否かといった説はどちらとも言えないし、確かめることはできません。

 

 

 

でも、モーツァルトのヴァチカンでの秘曲の楽譜おこしという、話を持って、これは音楽の天才と言って申し分ありません。

 

 

 

わたし、さとちゃんは、前、ウィキ・ペディアを読み、サヴァン症候群であろうとの結論を出しました。

 

 

 

皆さんも、モーツァルトのように秘曲を聴いてください。

 

本当にこの10分以上もある、宗教作品を初めて聴いて楽譜にしたというのなら、これは天才以外の何物ではないと言えると考えます。

 

 

 

さとちゃんのコレクションにあるCDは、以下のものです。

 

 

 

アレッグリ作曲 われを憐れみたまえ

 

ボーイ・ソプラノ ソール・クワーク

 

オルガン アンドルー・ライト

 

指揮スティーヴン・クリペリ

 

ウェストミンスター大聖堂聖歌隊

 

アーゴ 410005-2

 

 

 

もう一枚は

 

 

 

Allegri Miserere

 

coducted Stephen Cleobury   David Willcocks

 

Choir of King’s College,Cambridge

 

EMI 7243 5 75877 2 3

 

 

 

一枚目は、1112秒の録音時間、二枚目は13分ちょうどの演奏時間です。

 

機会があれば聴いてください。

 

サヴァン症候群と言える説もあるし、でも音楽の天才であることには間違いありません。

 

 

 

さとちゃんの読み物では、モーツァルトとサヴァン症候群 というお題が、人気ではあります。

 

 

 

が、さとちゃんの本音は、過去ログの クラシック音楽鑑賞と覗き見的事実 ~サヴァン症候群の嵐の後で~ に書いてありますので、是非ともお読みください。

 

http://classic-baroque.way-nifty.com/satocyan/2008/07/post-97a3.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«NHKFM 名演奏ライブラリー 没後20年 名指揮者ゲオルク・ショルティ(1)~その演奏~